実は副業をしても良いのです

民間企業に勤めている人でも副業はしてはいけないと思われていたりしますが、実は法律上では副業はしても良いことになっています。
しかし、多くの民間企業は副業を禁止しているところが問題となっており、どうして副業が禁止されているのかあまり多く伝えられていません。
仕事をしている時間以外は勤務時間外となり、仕事の中のルールではなくなります。
しかしこのように副業の法律が徐々に知れ渡るようになってきたこともあってなのか、企業の中では副業をしても良いというところも出てくるようになってきています。
副業は勤務している企業以外で働くことでもそうですが、株やFXでも副業となりまして最近では株やFXを始める人も多くなってきています。
勤務時間外であれば実は基本的に何をしようが自由となっているのです。
憲法上でも職業選択の自由が保障されているのであれば、たとえ副業を禁止しているとしても法律を超えて規制を行なうことは実質上不可能となるのです。