法律の曖昧な部分への対応とは

あらゆるルールの中には曖昧な部分が残っており、そこを指摘されると答えを出すのが難しいです。
今の社会を見ると実際に判断できないような状況があります。
また年齢で対応も変化するため、確実に法律の力が機能するという訳ではないのです。
こういった問題は今後も深く追求していく必要があります。
大人たちは常に優れた社会を作ることを目指しています。
一方の子供たちは身近なルールに従って生活しています。
このバランスが重要になっているため、そこから平和な暮らしが生まれているのです。
今の法律は様々な問題を抱えていますが、人間が協力することで難しい内容も理解できます。
つまり分からない部分を誰かに補ってもらうことが基本なのです。
近年の法律は年齢の問題があって複雑になっています。
実際に年齢が基準になって対応も変化するのです。
しかし、そういった区別がはっきりしていない部分もあります。
多くの大人たちはあらゆる人間を平等に考えているので、徐々に年齢による処罰の変化も少なくなる可能性があります。